0120-34-1124

小型車両系建設機械(整地等)運転特別教育講習会

2017年03月13日

3月7日(火)~8日(水)の2日間、『小型車両系建設機械(整地等)運転特別教育の講習会を開催しました。これは、重さが3トン未満の車両系建設機械『整地・運搬・積込み用』及び『掘削用』の機械を運転するときに必要な講習です。簡単に言うと・・・道路工事現場でも良く見かける『バックホウ』とか『ユンボ』と呼ばれている小型の油圧ショベルカーの運転免許ですね(^^)

 

講習会の初日は、『走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識』『作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識』『運転に必要な一般的事項に関する知識』『関係法令』などなど・・・7時間ビッチリ学科講義を受講します。ついつい睡魔に襲われてウトウトしてしまうと・・・最後の確認テストで不合格になるかもしれないので『気合!』を入れて臨みます。

 

2日目は、お待ちかねの実技編です。『マジンガーZ』『ゲッターロボ』『ガンダム』を見て育った老若男子は、やっぱり『スーパーロボットを操ってみたい!』って願望がありますよね。

まさに・・・『アムロ、いきまーーーす!』の世界です(^^)/

そんなワクワク・ドキドキの実技は、『走行の操作』『作業のための装置の操作』を行います。

まずは、操作レバーを巧みに操り、走行テストを行います。キャタピラと排土板の操作をしっかり覚えることができればOK。基本的には難しくないのですが、操作レバーを急に動かすと『ガックン・ガックン』とぎこちない動きになるので、丁寧に優しく操作することが大切です。

次は、作業テストです。操作レバーを使って『機体の旋回』『アームの伸縮』『バケットの開閉』『ブームの上下』など対象物を移動させたり、持ち上げたり実践的な作業を行います。

操作レバーの動きと、アームやブームの動きが・・・ゴチャゴチャになります(汗)

これは、何度も練習あるのみ!! これを手足のように動かすことができるようになると、あなたも『アムロ・レイ』になれるかも(笑)

2日間にわたり、ご指導いただいた講師の先生、ありがとうございました。

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス