0120-34-1124

俺たちの愛車自慢160

2018年09月07日

今回は、専攻科(1級自動車整備士養成課程)1年生のI 君(巻高校出身)の愛車 平成19年式 スズキ ワゴンR(MH22S)を紹介します。

 

全高を高くすることで、室内の狭さを克服した革命的モデル。ワゴンRが登場するまでの軽自動車は、低車高の乗用型か商用車ベースのワンボックスモデルがほとんど。初代モデルのキャッチコピーは『クルマより楽しいクルマ、ワゴンR』でした(^^)/

ワゴンRはフロアパネルを二重構造とし座面を高くとることで、足を窮屈に曲げずに座ることができるため圧迫感が軽減。また、アイポイントを高くすることにより眺望性・視認性・解放感を向上

そして、競合他車に与えた影響も大きく、類似車種が多数登場(^^)/ スズキの最大のライバル(笑)ダイハツが投入したムーヴと販売台数において激しいバトルを演じ、共に軽トールワゴンの代表車種として認識されるようになりました。

さてさて、I 君のワゴンRは、すこ~し丸みを帯びた2代目モデルから、再びスクエアなデザインに戻った3代目モデル。純正エアロパーツやスマートキーなど豪華な装備が自慢です(^^)

なにやら・・・お母さんがマイカー通勤から電車通勤に変わりクルマが不要に。。。。。そこで、お母さんのトヨタ ウィッシュをお父さんが乗ることに(^^) で、お父さんのワゴンRをI 君が乗るという家族内ローテーションがバッチリ!決まりました(笑) 6スピーカーから奏でられるサウンドは、軽自動車とは思えない仕上がりに。休日は、大好きな『ドリカム』を聞きながらハッピードライブを楽しんでいますよ~(^^)/

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス