0120-34-1124

俺たちの愛車自慢196

2020年05月01日

今回は、自動車工業科2年生のO 君(新潟東高校出身)の愛車 平成22年式 ホンダ ステップワゴン スパーダ(RK6)を紹介します。

 

オデッセイ、CR-Vに続くクリエイティブ・ムーバー第3弾として登場した初代ステップワゴン。当時、日本のワンボックス車は運転席下にエンジンを搭載する『キャブオーバー』タイプが主流でしたが、ステップワゴンはFFレイアウトによる床の低さやスクエアなスタイリング、ライバルと比較して低価格等により爆発的なヒットモデルとなりました(^^)/

 

さて、O 君のステップワゴンは4代目アクセサリーランプ内臓フロントグリル、フルエアロ、クリアテールレンズ、16インチアルミホイール、チューニングサスペンション、本革ステアリング&パドルシフトなどなどスポーティ装備満載の『スパーダ』です。

ある日、通学用車両を探して、家族御用達のホンダディーラーへ相談に行くと。。。偶然にもメカニックのお父さんから下取りしたばかりのステップワゴンがありました。ちょっとだけ見せてもらったら・・・程度も良かったので必殺『親ローン!』で購入することになりました(^^)/ でも、本当は・・・マイナーチェンジ後のモデルが欲しかったんですけど・・・ブツブツ。まあまあ結果オーライですよ!

O 君は、放課後の実習棟で『モデューロ サスキット』に交換。ホンダ車のサスペンション交換時は、ドライブシャフトの『脱臼(笑)』に悩まされますが・・・先生の『マル秘テクニック』でスムーズに作業が進みました!!サスガです(^^)/ 程よいローダウンスタイルしっとりとした乗り味に変わり、大満足(^^)/ O 君は自前の高圧洗浄機を所有するほど、洗車マニア(^^)/ 休日はほんとんど洗車に費やしているみたい(笑)うんうん、撮影当日もピッカピカ!でした。おやっ!?次のクルマはマニュアルにしたいんです!『 アコード ユーロRかシビックが良いなぁ~』とニヤニヤしていました(笑)

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス