0120-34-1124

『日産セミナー』を開催しました

2020年11月19日

1118日(水)自動車工業科1年生を対象に自動車工学セミナーを開催しました。学生たちが興味のあるセミナーを選択受講することができます。さて、第三弾『日産セミナー』日産自動車株式会社 様、株式会社NSホールディングス 様、日産プリンス新潟販売株式会社 様、新潟日産モーター株式会社 様、株式会社日産サティオ新潟西 様の協力で開催されました(^^)/

今回は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、日産自動車本社オンラインで接続し開催。総合テーマは『EV講習会』はじめに日産自動車の取り組む『電動化と知能化』について紹介。猛暑日やゲリラ豪雨といった異常気象増加の原因と言われる地球温暖化や交通事故の対策として、『ゼロエミッション』『死亡事故ゼロ』にチャレンジ。その技術的アプローチとして『電気自動車』『自動運転車』の研究開発に取り組んでいます。電気自動車で注目される航続距離も2010年の発売当初と比較し、現在は約3倍の570キロとグーン!と長距離ドライブに対応。充電インフラも年々拡充し、ストレスなく使用することができます。さらに、近日発売予定の新型車アリアには、日産が培ってきた電動化技術、4WD制御技術、シャシ制御技術を総合的に制御する『e-4ORCE』を搭載。圧倒的に快適な乗り心地や路面を問わない安心感で高次元のドライビングが可能に。今から発売が楽しみですね(^^)/

また、テレビCMでもお馴染みの運転支援技術『プロパイロット2.0』もハンズオフ機能でドライバーの負担を軽減します。オンラインで日産の先進技術をわかりやすくレクチャーしていただきました!

そこでっ!近年急速に進んだ『電動化』『知能化』により、自動車整備士に求められる技術も変化。

電動化や自動運転技術の進展により、一台のクルマに300個以上の電子部品や50個以上のECUが搭載される時代に(^^)/ これからの自動車整備士には『機械装置+人工知能に対応できるスキル』が求められるので、先進技術にも対応できる整備士になって活躍して欲しいとエールがありました。

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス