0120-34-1124

電気自動車等の整備の業務に係る特別教育

2020年12月18日

ハイブリッド電気自動車のメンテナンスもお任せください(^^)/

近年、電気自動車(EV)ハイブリッド自動車(HV)などの電気を動力源とする自動車の保有台数は、9,400,000台20203月末:一般財団法人 自動車検査登録情報協会)を超え、過去最高を更新しており、整備業務に対する需要が増加しています。EVやHVの整備作業を行うには、その危険性について理解し、労働災害を防止するため、労働安全衛生法、労働安全衛生規則、安全衛生特別教育規程に基づき『特別教育』を受講する必要があります。

そこで、自動車工業科1年生を対象に、12/9(水)および12/16(水)の両日、電気自動車等の整備の業務に係る特別教育を実施しました。

気になる内容は・・・低圧電気(直流:750以下・交流:600以下)の危険性などを学ぶ『低圧の電気に関する基礎知識』、インバータおよびコンバータ、バッテリなどの構造や仕組みを学ぶ『低圧の電気装置に関する基礎知識』絶縁手袋などの保護具の必要性について学ぶ『低圧用の安全作業用具に関する基礎知識』関係法令』を講義形式で実施。

もちろん、実習車を使用して行う『自動車の整備作業の方法』や救命処置などの実技は、点検整備Ⅰの実習中に時間をかけてタップリ!実習しています。

特別教育の最後には、修了テストも実施(^^)/ ・・・みんな合格したかな???

1年生のみなさんお疲れ様でした!この特別教育の知識・技術を活かして安全に作業できるようになってください(^^)/

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス