0120-34-1124

OB講演会を開催しました

2020年12月21日

1216日(水)自動車工業科1年生を対象に、キャリア形成プログラムの一環としてOB講演会を開催しました。

『実学一体』を建学の精神として1968年に開学した新潟工業短期大学(^^)/ 短期大学士の学位とともに自動車整備士等の国家資格を手に社会へ羽ばたいて行った卒業生は9,946名(2020年3月現在)で自動車業界はもちろん、各分野で活躍しています。

いよいよ、4月に入学した1年生も・・・本格的な就活シーズンへ突入。社会人として自分を生かし輝くためには在学中からキャリアについて考え、その実現に向けて準備することが大切です。

そこで今回は、日産プリンス新潟販売株式会社 総務部 主任の川内克幸 様、そして営業支援部サービス課 主任の河内健 様(本学OB)『ディーラーメカニックの魅力』と題して講演していただきました。

始めに、川内 様より、自動車メーカーと自動車ディーラーの違いや、GT-Rの整備が許されるメーカー独自の資格などを紹介していただきました。

引き続き本学OB河内 様より自動車ディーラーの仕事を経験して感じたことなどを講演していただきました。

『講義や実習は楽しかったけど、レポート提出や定期試験はいつも一夜漬けで苦労しました(笑)そうそう、毎年恒例の仲間たちとの佐渡ツーリングが良い思い出です(^^)/ 』と学生時代の振り返りからスタート! ディーラーメカニックを選んだのは『せっかく自動車整備士になるなら、しっかりした研修制度があって技術を磨けるところが良かった』が理由(^^)/ そして、実際に働いてみて『お客様の安全に関わる重要な仕事であること』そして『お客様との約束を守ることが大切』と感じたそうです。

ディーラーメカニックの特徴として『整備に関する情報量の多さ』『技術向上や新技術に対応するためのサポート体制がしっかりしている』『サービス技術大会など自分の力を試す機会が豊富』などご自身の経験談も交えながら紹介していただきました。

最後に・・・これからの自動車整備士に求められることは『新技術・車社会の変化に対応していくこと』また自動車整備士の価値を高めていくこと』が大切(^^)/ 在学中に『基礎をしっかり覚えること』『いろいろなことに関心をもつこと』『たくさんの仲間をつくり、在学中にしかできないことをやっておくこと』とOBとして在学生へアドバイスしていただきました。

総務部 川内 様、そして本学OBの営業支援部サービス課 河内 様、お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス