0120-34-1124

俺たちの愛車自慢212

2021年01月15日

今回は、専攻科2年生のS(寒河江工業高校出身)の愛車 昭和61年式 カワサキ GPZ400R LIMITED(ZX400D)を紹介します。

史上空前のバイクブームと言われた1980年代。レーシングマシンのようなフルカウルやセパレートハンドルが認可された1983年に、量産車初のアルミ角パイプフレームを採用して登場したのがスズキ RG250ガンマ。このモデルが火付け役となり、NS250R、TZR250、KR250やCBR400F、VFR400R、FZ400R、GSX-Rなどのレーサーレプリカモデルが次々と登場(^^)/

そんな中、アルミクロスフレーム(AL-X CROSS FRAME)と名付けられたアルミ製ダブルクレードルフレームに、前後16インチホイールを採用し登場したのがS 君の愛車GPZ400R。搭載される水冷直列4気筒4バルブDOHCエンジンは最大出力59PS / 12000rpm、最大トルク3.6kgf・m / 10500rpmと高性能な動力性能を誇りながら、アップライトなハンドルに低シート高、大柄な車体でレーサーレプリカ勢とは一線を画したモデルですが、80年代で販売台数が1位となった超人気モデルです(^^)/

さて、S 君の愛車遍歴は、XS250(父から譲受)→ GL400(父から譲受)→ VT250(兄から譲受)→ マグナ250(ヤフオクで激安ゲット)とユニーク(笑)そして今回は、親友のお父さんが所有していた長期放置状態のGPZ400Rをゲット修理書を見ながら、キャブレータのオーバーホールはもちろん、アパートの前でタイヤを『手組み』するなど、レストアを敢行し旧車ライフを満喫中(笑)

赤色ホイールが特徴の1000台限定カラーリングと言う事もあり、よく当時を懐かしむ『おじさま(失礼!)』達から声をかけられるそうです『いまいち・・・キャブの調子が悪いんですよね~』と言いながらヨシムラCYCLONフルエキゾーストから乾いたエキゾーストノートを奏でていました(^^)/

カテゴリ
資料請求 オープンキャンパス