0120-34-1124

俺たちの愛車自慢173

2019年05月17日

今回は、自動車工業科2年生のK 君(新潟県央工業高校出身)の愛車 平成11年式 ヤマハ RZ50(RA02J)を紹介します。

 

1981年、RZ250の末弟分として、フルサイズボディに最高出力7.2PSを発生する水冷2サイクル単気筒エンジンを搭載し、原付最先端のスペックを持つゼロハンスポーツとしてデビューし大人気に(^^)/

数度のモデルチェンジの後、フルカウルを備えたレーサーレプリカタイプのTZR50へバトンタッチして一旦は生産終了。その後、ネイキッドタイプのトラディショナルタイプとして1998年に復活(^^)/

その2代目は、スポークホイールやダックテールなど60~70年代のレーシングバイクを彷彿させるデザインになりました。

 

さてさて、K 君はもともとホンダ マグナ50に乗っていたのですが・・・諸事情によりRZ50のオーナーに(^^)/ このRZ50との一番の思いでは・・・高校生のとき、400ccのバイク2台と50ccのバイク2台の合計4台で長野県へツーリングに行ったこと。ちょっと海を見に行くつもりが・・・気が付けば・・・その場の『ノリ』で一般道をひた走り長野県までロングツーリングになりました(笑)

 

RZ50は国産車最後の2ストロークモデルとして生産され続けていましたが、2007年の自動車排出ガス規制により生産終了となり、惜しまれつつRZシリーズの27年の歴史に幕を下ろすことになりました。

この貴重な2ストロークバイクを大事に乗ってねっ! とK 君へ伝えると『了解!』と元気な声とともに、キュルキュルキュル!とセル1発でエンジン始動し、少ないながらも白煙を残して走り去っていきました ・・・でも、やっぱり2ストロークはキック始動だよなぁ~~ブツブツ(笑)

カテゴリ

俺たちの愛車自慢172

2019年05月03日

今回は、自動車工業科2年生のI 君(日本文理高校出身)の愛車 平成29年式 ホンダ フィット ハイブリッド(GP5)を紹介します。

 

世界のコンパクトカーのベンチマークにふさわしいクルマを目指して開発が行われた3代目フィット(2代目フィット ハイブリッド)。パワートレインはLEB型の1500cc DOHC EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)エンジンに、29.5PSを出力するH1型モーターを内蔵した7速DCTをドッキングさせた『SPORT HYBRID i-DCD』です。

 

さてさて、そんな優秀なコンパクトカーのフィットですが・・・I 君のフィットは『ちょいワル』な匂いがプンプンしています。そうです!ホンダ車のカスタムで有名な『無限(MUGEN)』フルエアロで武装。さらに、TEIN車高調整式サスペンションとCROSS SPEEDの17インチアルミホイールで足元をグッ!と引き締めてあります。リヤスカートからちらりと覗くマフラーは柿本改でバッチリ(^^)/

I 君は通学用に新車でフィットを購入。そこからアルバイトに精を出して無限フルエアロ化を実現しました。何だかんだで50万円以上は投資(笑)しているとのこと。

でも、新車時はどんなに悪くても20km/ℓ以上の燃費をキープしていたのですが・・・タイヤを現在のサイズに交換したら、18km/ℓと『ちょいワル』に(笑)見た目の良さと反比例して燃費が悪くなりました(泣) 基本的には、雨等で汚れたらスグ!に洗車をするI 君。雨上がりの急な撮影となりましたが、自慢の鮮やかなブルーボディツヤッツヤ&テッカテカに輝いていました(^^)/

カテゴリ
次ページ