0120-34-1124

俺たちの愛車自慢156

2018年08月10日

今回は、自動車工業科2年生のT 君(先頭:北越高校出身)の愛車 平成22年式 トヨタ カローラ ルミオン G(NZE151)を紹介します。

イモ虫みたいに繋がっているのは・・・T 君(2番目:日本文理高校出身)、T 君(3番目:日本文理高校出身)、F 君(4番目:加茂暁星高校出身)です。

カローラ ルミオンは、トヨタ自動車が2003年から2016年までアメリカやカナダで展開していた若者向けブランド『サイオン』で販売していた『サイオン・xB』をベースに日本向けにアレンジしたモデル。アメリカ・カナダの若者がこよなく愛したモデルの日本バージョンなんですね。

T 君は、通学車両としてルミオンを購入。とにかく四角いクルマが大好きなT 君は、最初はホンダ モビリオ スパイク狙いだったそうです。必死に良い出玉を探していたのですが・・・残念ながら願いかなわず(泣)そんなとき、今の愛車と出会い購入しました。現在は、片道20kmの通学に大活躍。燃費も15km/ℓと好燃費をキープしています。

特にお気に入りのポイントは・・・『とにかく室内が広々していて、自分の部屋のような感じが大好き』らしいです(笑)

室内を覗いてみると・・・助手席に1体、後席に3体の大きなぬいぐるみが(^^)/

なんでこんなにたくさんのぬいぐるみがあるの?と質問すると・・・『いつも一人なので寂しいから』と。。。 只今、イケメンT 君の助手席が『空席』ですよ!ニヤリ(笑)どなたかいませんか??

 

カテゴリ

俺たちの愛車自慢155

2018年08月03日

今回は、自動車工業科2年生のT 君(新潟工業高校出身)の愛車 平成15年式 ミツビシ パジェロ ミニ(H58A)を紹介します。

ミツビシの代表的なモデル『パジェロ』の技術を最大限に凝縮した軽自動車パジェロ ミニ。初代は車名を一般公募したことでも話題になりました。T 君のパジェロミニは2代目モデル。独自のモノコック高剛性ボディを基に、衝突時のエネルギーを吸収して緩和する『クラッシャブルボディ構造』や緊急時のブレーキをサポートする『ブレーキアシスト機構』などを装備し、軽自動車の衝突安全性能総合評価でトップになったことも。

エンジンは排気量659cc 直列4気筒SOHCの4A30型は、最高出力52PS/6500rpm、最大トルク6.3kg・m/4500rpmを発生。5速マニュアルトランスミッションと大径タイヤを装着した本格的4WD機構で悪路もガンガン走破できます。

T 君は・・・本当はホンダ トゥデイやスズキ セルボなど、車高の低いクルマが欲しかったそうですが、良いタマが見当たらず・・・で、パジェロ ミニを購入! でも、それから林道走行の魅力にハマり、すっかりオフロード大好き人間になっていました(笑)険しい道を進んでいけば・・・時にはスタックも(^^)手動ウィンチや人力(笑)で何とか脱出したり・・・二進も三進もいかず、レスキューを呼んだことも(笑) 🙂 まあ、オフロード走行の醍醐味ですよね!

そんな、T 君ですが、実は次のクルマを物色中なんですよ。候補は『ミツビシ ジープ』『JEEP ラングラー』『スズキ ジムニー(2ストモデル)』らしいです。んーっ!?かなりマニアですが、良いんじゃないですか!! またNEWマシンが納車されたら、愛車自慢の取材させてくださいね!

カテゴリ
次ページ