0120-34-1124

俺たちの愛車自慢179

2019年08月16日

今回は、自動車工業科2年生のN 君(右側:つくば工科高校出身)の愛車 平成13年式 ホンダ ストリーム(RN1)を紹介します。中央はS 君(長岡工業高校出身)、左側はT 君(長岡工業高校出身)の3人組です(^^)/

 

オデッセイやステップワゴンなど3列シートを備えたミニバンが人気に!今ではファミリーカーの主流となっていますね。そんな中、都市部の立体駐車場や狭い路地でも活躍できるロールーフ&ミドルサイズの3列シートモデルを熱望しているユーザーの声に応えて登場したのがストリーム(^^)/

発売から10ヶ月で累計販売台数が10万台を超え、当時、ホンダの登録車としてはステップワゴンを抜く最短記録を達成したモデルです。

さてさて、N 君のストリームは初代モデル。N 君はマークⅡ(GX100)からの代替えで、『子どもの頃、家にあったクルマで愛着があった』とのことでセレクト。アイポジションが高く快適なドライブができるそうです。外見はModulo フルエアロ、社外ルーフスポイラー、MOONEYES製のノーズブラを装備。ゴールドのボディカラーと相まってアメリカンな印象に仕上げています。ホイールは何故か?NISMO製を装着していますが・・・『頂き物をとりあえず装着していますが、近いうちにUS風なホイールに交換します!』とのこと。リヤスカートからチラリと覗くHKS製マフラーも良い雰囲気が出ています。インテリアは、MOMO製コンビステアリング、MOMO製ウッドシフトノブ、MOONEYES製のインパネマットでスタイリッシュにイメチェン。ナビゲーションやドライブレコーダーも装着済みです(^^)/ 実は、N 君は茨城県の出身。ちょくちょく実家に帰省するので、このストリームは超快適に長距離ドライブがこなせるそうです。近々、家族旅行も計画中の仲良しファミリーです(^^)/

カテゴリ

俺たちの愛車自慢178

2019年08月02日

今回 は、自動車工業科2年生のW 君(右側:新潟向陽高校出身)の愛車 平成15年式 ホンダ インテグラ is(DC5)を紹介します。左側は、T 君(東京学館新潟高校出身)です。

W 君のインテグラは、絶版になったプレリュードと統合される形で発売された4代目モデル。通称『涙目』と呼ばれる前期型で、全幅が1725mmとワイドになり・・・インテグラ史上最初で最後の3ナンバーモデルなんです。もちろん、アメリカ向けには『アキュラ』ブランドからRSXという名称で販売されていました。

さてさて、インテグラといえば・・・タイプRばかりが注目されていますが、それ以外のモデルも魅力がギッシリ(^^)/ 

エンジンはタイプRと同じ型式のK20A。スペックは最高出力160PS/6500rpm、最大トルク19.5kg・m/4000rpmとタイプRと比較すればアンダーパワーですが・・・必要にして十分でキビキビした走行が可能。

W 君は、BLITZ製のエアクリーナ、tanabe製のマフラーで吸排気系をファインチューニング。足回りはK-TUNED製車高調整式サスペンションMEGAN RACING製のリヤロアアームで決めています。ホイールはオデッセイ(RA6)の純正17インチアルミをスワップ。 リヤルーフバイザーやノーズブラ、ビアサーバーのシフトノブ、Sparco製ステアリングなど純正流用も上手く取り入れてUS系ドレスアップをエンジョイ(^^)/ このインテグラはネットオークションでシビックフェリオ(ES型)を探していたところ偶然に遭遇(笑) はるばる宮城県まで現金片手に取りに行ったそうです。また、元オーナーと同じ名前だったことも何かの縁ですね!とW 君。これからも大切に乗ってくださいネ!

カテゴリ
前ページ 次ページ