0120-34-1124

俺たちの愛車自慢169

2019年03月15日

今回は、自動車工業科2年生のY 君(左側:分水高校出身)の愛車 平成24年式 ホンダ N-ONE(エヌ-ワン)(JG1)を紹介します。右側は同じく自動車工業科2年生のO 君(加茂農林高校出身)です。

 

N-BOXから始まったホンダNシリーズの第3弾! N-ONEが俺たちの愛車自慢に初登場(^^)/

ホンダ初の市販軽自動車『N360』をモチーフに『人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に』マン・マキシム/メカ・ミニマムの思想を受け継ぎ開発されました。そして、N-BOX同様 開発責任者は浅木泰昭 氏(2018~HRD Sakura F1 PU開発責任者:第二期F1メンバー)。浅木 氏は新潟工業短期大学 公開講座のゲストにお迎えしたこともあるんですよ(^^)/

 

さてさて、鮮やかなイエローボディが眩しいY 君のエヌワンは、パワフル&低燃費が自慢(^^)/ 最大出力58PS/7300rpmを発揮するS07A型エンジンはレッドゾーンの始まる7500rpmまでストレスなくまわり、さらに、コンスタントに24~25km/ℓというお財布に優しい仕様(笑)どんなにアクセルを踏んでも(←もちろん交通ルール遵守でね)20km/ℓ以上キープするそうです。お気に入りは何と言っても独特の愛らしいスタイリング!ポジションライトを点灯させたときの顔が超可愛い!! 休みの日は良くこのエヌワンで買い物に行くそうですが、狭い立体駐車場でもスイスイ小回りがきいて運転しやすいそうです。さらに、四季を通じて快適なドライブを演出してくれるのが・・・フルオートエアコン!!何と!すべてのグレードに標準装備だとか(^^)/ 高級感もあり本人はご満悦(笑) 次はシビックタイプR(FD2)やレコードモンツァマフラーが付いたアバルト595に乗りたいそうです。

 

カテゴリ

俺たちの愛車自慢168

2019年03月01日

今回は、自動車工業科2年生のA 君(中央:会津北嶺高校出身)の愛車 平成28年式 スズキ ジムニー(JB23W)を紹介します。ちなみに・・・Y 君(左側:会津北嶺高校出身)とI 君(右側:東京学館新潟高校出身)も一緒です(^^)/

3代目ジムニーのJB23型は、丸みを帯びたデザインが特徴。ジムニー伝統のラダーフレームと、前後リジッドアクスルサスペンションを継承しつつ、フレームが衝撃吸収構造へ新設計されるなど、オンロードでの操縦安定性とオフロードでの走破性が向上しています。

A 君の愛車は、特別仕様の『ランドベンチャー』(^^)/ シート表皮(背もたれ・座面)にセーレンが開発した夏は熱くなりにくく、冬は冷たく感じにくい素材『クオーレモジュレ』が採用されています。

そうそう、何と!A 君は走行距離8kmの『ほぼ新車(笑)』を購入(^^)/ 前後社外バンパーやルーフスポイラー、フロントガードが外観の特徴。コイルスプリングやショックアブソーバ、調整式のラテラルロッドの変更で、1インチほどリフトアップされた車高と相まって、ワイルドな印象に(^^)/

何やら・・・本当はもう少しリフトアップしたかったらしいですが、アパートの屋根付き駐車場の関係でこの車高に落ち着いたんだとか(笑) 室内を覗くと、5速マニュアルトランスミッションのシフトノブが、モンスター製に交換されているので、小気味よくカチッ!とシフトチェンジが決まりそう。

A 君に、ジムニーの気に入っているところは??と聞くと・・・乗り心地が悪くて腰が痛くなる!室内が狭い!加速が悪い!2WDで12km/ℓ、4WDにすると7km/ℓと軽自動車なのに燃費が悪い!・・・ブツブツ(笑) でもね・・・知ってますよぉ~ シャイなA 君・・・本当は愛車のジムニーがとっても大好きなんですよね(^^)/ これからも大切に乗ってくださいねっ。

カテゴリ
前ページ 次ページ