0120-34-1124

俺たちの愛車自慢 特別編 【先生たちのバイク自慢(^^)/ 】

2018年11月02日

今回は、自動車工業科 I先生の愛車 平成20年式 カワサキ Z1000(ZRT00B)(パールクリスタルホワイト)を紹介します。

先ずはスペックから 🙂 

・車体型式 ZRT00B

・エンジン  ZRT00AE型 953cc 水冷4ストローク並列4気筒DOHC16バルブ

・最高出力 92kw(125ps/10,000rpm)

・最大トルク  98.7N・m(10.1kgf・m/8,200rpm)

続いて、購入したキッカケは、2007年11月5日東京モーターショーに行った時に、08モデルが展示されていました。実際にまたがって見ると、ポジションがSS系程、前傾がきつくなく、ネイキッド系程起きていない事が気に入りました。 🙂  今迄乗ってきたバイクは必ずマフラー交換したり改造をしていたのですが、ノーマルのままでも満足できそうなので、それまで乗っていたGPZ900R(通称ニンジャ)をS先生に買っていただき、即買いでした。

 

さて、Z1000の気に入っているところは・・・

・走りたくなるポジションがGood!

・ノーマルの4本出しのマフラー形状と、音(ノーマルでも十分)

・リヤタイヤの幅が190! (流している分には転ぶ気がしません)

・少しペースアップして走った時の、バイクの安定感(挙動が急激でない)

などなど。 

ここ数年は、あまり走れていませんが、たまに乗るとやっぱりバイクはいいなと思います。

最近ヘルメットのシールドをミラータイプにしたのでそれを機会に乗る回数を増やしたいです。

I先生のバイクの車歴(^^)/

高校時代 ブラックゴリラ(ホンダ)→AR50(カワサキ)→KH250(カワサキ)

専門学校 RG250Γ初期型(スズキ)

社会人  乗った順番を思い出せませんが、NSR250 88モデル(ホンダ)

Z400GP(カワサキ) SRX400(ヤマハ) KLX250(カワサキ)

VT250(スパーダ) XLR250(ホンダ)等

限定解除後は、GPZ900R(カワサキ:2台(A2と国内仕様最終)) ゼファー750(カワサキ:2台) ゼファー1100(カワサキ) その後、現在のZ1000に至ります。

 

思い出のバイクについて聞いてみると・・・

学生時代に乗っていた、Γが想い出深いです。(山によく走りに行きました。) でも弥彦でその当時

出たばかりのTZR250に乗った女性ライダーに負けました。(ついていけませんでした) 🙁

SRX400も、とても気に入っていました。最高速は速くなくても、コーナーが楽しいバイクでした。

カテゴリ

俺たちの愛車自慢 特別編 【先生たちのバイク自慢(^^)/ 】

2018年10月19日

今回は、自動車工業科 K先生の愛車 平成4年式 ホンダ VFR400R(NC30)を紹介します。

 

1985年&1986年の世界耐久選手権でチャンピオンを獲得したレースマシン『RVF750』に投入された最新技術である『プロアーム』がレーシーな雰囲気を演出するとともに外観上のポイントに(^^)/

小径プラグを採用し、吸・排気バルブを大径化したV型4気筒エンジンは、最高出力59/12500rpm 、最大トルク4kgf・m/10000rpmを発揮。

さてさて、K先生のバイク遍歴は・・・ホンダ ビート(AF07)→ ホンダ VT250FE(MC08)→ ホンダ NS400R(NC19)→ ホンダ NSR50(AC10)→ スズキ GSX-R400R(GK73A)

中でも、一番思い出のあるバイクは『ビート』。高校2年生のとき、友人(←悪友A) 😳 と二人で、新潟から三重県鈴鹿サーキットまでWGP観戦に行ったことかな(^^) マルマル2日間、太陽が昇ってから沈むまで走りに走ってようやくたどり着きました(笑)もちろん、帰りもたっぷり2日間走りっぱなし(泣)

今思うと・・・よくヤッタなぁ~と思います(^^)/ しかも・・・銭湯&野宿ですからね(笑)

 

GSX-R400Rが結婚指輪に代わって 😀 から・・・24年間のブランクを経てVFR400Rをゲット。超久しぶりのバイクライフ。悪友Aに『コーナーうまく曲がらないんだけど』と相談したら・・・悪友A曰く『あのね、バイクは体重移動をして車体を傾けて曲がるんだよ(ニヤリ)』って。 おいっ!オレはまだボケてないわっ!! :mrgreen:

カテゴリ
前ページ 次ページ