0120-34-1124

俺たちの愛車自慢137

2018年01月19日

今回は、専攻科(1級自動車整備士養成課程)2年生のSY 君(日本文理高校出身)の愛車 昭和63年式 ホンダ CBR 250 R(MC19)を紹介します。

ホンダの4スト250ccで水冷直列4気筒DOHC 4バルブエンジンを初搭載したのが、まだまだバブル経済全盛期 🙂 の昭和61年に登場した『CBR250FOUR(MC14)』でした。当時のホンダには『2ストに勝てる4スト』で一世を風靡した『VT250F』が存在していたのですが、YAMAHA FZ250 PHAZERのライバル車として登場。

その後、昭和62年にフルカウルを装備した『CBR250R(MC17)』、そして昭和63年にレプリカスタイルの『CBR250R(MC19)』へとモデルチェンジしました。

何と言っても、最高出力45PS/15000rpm 、最大トルク2.6kg.m/10500rpmを発生するMC14E型エンジンはスゴイ!! カムギヤトレーンを採用しているんです。(カムギヤトレーン:エンジンのカムシャフトをチェーンではなく歯車で回す方式) まさに初代の『呼吸する精密機械』というキャッチフレーズがぴったりのエンジンです。ひとたび右手を『クイッ!』とひねると・・・『キーーーーーーーン』とジェット機のような乾いた甲高いエキゾーストノートとともに、18000rpmから始まるレッドゾーンめがけてタコメータの針があっと言う間に跳ね上がります。これは・・・マジ気持ち良いですよ(^^)

さて、SY 君のトリコロールカラーのCBR250Rは、DAISHIN RACING 製の集合マフラーをチョイス。カムギヤトレーンの特徴的なエキゾーストノートを犠牲にせず、排気効率をUP!しています。

実は、このCBR250Rの持ち主は、SY 君のお母さん!なんですよ(^^)/ で、ときどきSY 君も共有して乗っています。 んっ!?何だって?? お姉さんも、乗っているって?? いーじゃないですか! 家族で1台のバイクをシェアして、大切にするのも(^^)/

カテゴリ

俺たちの愛車自慢136

2018年01月05日

今回は、自動車工業科2年生のTN さん(新潟翠江高校出身)の愛車 平成8年式 ニッサン シルビア(S14)を紹介します。

ニッサンを代表するスペシャルティカーのシルビア。初代モデル(CSP311)は昭和40年に鮮烈デビューをしている由緒正しいニッサンの看板車です。

TNさんのシルビアは6代目モデル。前期型は『たれ目』、後期型は『ツリ目』と呼ばれ、シルビア史上唯一3ナンバーボディが与えられたモデル。

発売当初は『デカイ!』『重い!』『スポーティーじゃない!』 🙁 と言われ、シルビアが6代目にモデルチェンジしても併売された180SX(S13)が人気を博していました。でも、不評だった(←スミマセン)3ナンバーボディですが、とっても綺麗でセクシーなスタイルをしていると思いませんか?

さて、鮮やかなレッドのボディカラーが印象的なTNさんのシルビア。フロント・サイド・リヤのフルエアロと合わせて、ボディサイドには同色でバイナルグラフィックが施されているので、とっても存在感があります。

車高調整式サスペンションと18インチのWeds Sport・Kranzeの組み合わせで攻撃的な印象に。NA・AT仕様からTURBO・MT仕様へスワップ済み(もちろん車検対応)。

エアクリーナー・マフラーの吸排気系チューンも抜かりがありません。室内を覗くと・・kicker製リヤスピーカーが装着してあるオーディオボードが綺麗なハイビスカス柄になっています。さらにバックスキンのNR-G製ステアリングのスポーク部、シフトブーツまでハイビスカス柄に。なんと!シフトブーツはTNさんの手作りなんですよ。 🙂 スッゲー!女子力ありますよね(^^)/ 今後は、エアロを変更して、全塗装をしたいと話してくれました。サンルーフ付きの極上車なので、大切に乗ってくださいね(^^)/

カテゴリ
前ページ 次ページ