0120-34-1124

俺たちの愛車自慢141

2018年03月16日

今回は、自動車工業科2年生のHF 君(新発田南高校出身)の愛車 平成12年式 ダイハツ ムーヴ エアロダウンカスタムXX(L910S)を紹介します。

 

スズキ ワゴンRのライバルとして登場したダイハツ ムーヴ。初代モデルのキャッチコピーは『ムーヴしよう』でした(^^)/ 皆さんもご存じのとおり、バックドアが横開きタイプになっていることもムーヴの代名詞でしたね。(残念ながら6代目モデルから跳ね上げ式に変更になりました)

さてさて、HF 君のムーヴはおじいさんが大切に乗っていたものを譲り受け、往復約90キロの通学に大活躍。燃費も15~16km/ℓとお財布に優しい仕様です(^^)/

外観は、フロントにエンケイ、リヤにワタナベとブランドの違うアルミホイールを装着。意外と(失礼!)違和感なく収まっていますよね。ローダウンサスと相まってスポーティな印象を与えています。 🙂

あっ、もう見つけましたか??ボンネットにあるエアスクープ。。。そうなんです、HF 君のムーヴに搭載されているEF型エンジンは、インタークーラー + ターボで武装して、最高出力64PS/6400rpm 、最大トルク10.9kg・m/3600rpmを発生。さらに、このクラスでは希少な5速マニュアルトランスミッション仕様なので『ファン』なドライブを楽しむことができます(笑) 😆

現在は、K&N製エアクリーナ、FUJITSUBO製マフラーで吸排気系をファインチューニング。ディープタイプのNARDI クラッシック ステアリング、Defiのブースト計などでクルマを操る楽しさを演出しています。通学距離が長めなので、これからも安全運転でお願いしますm(_ _)m

カテゴリ

俺たちの愛車自慢140

2018年03月02日

今回は、自動車工業科2年生のYN さん(東京学館新潟高校出身)の愛車 平成14年式 ニッサン シルビア spec.R Vパッケージ(S15)を紹介します。

 

新潟工業短期大学の実習車でもおなじみ(^^)ニッサンを代表するスペシャルティーカー『シルビア』の登場です。先代(S14)の3ナンバー枠ボディを『ギュッ!』とシェイプアップ。サイドのプレスラインがリヤフェンダーやトランクに向けて徐々に絞り込まれる攻撃的なデザインが刺激的です。 🙂

Vパッケージと聞いて、ピン!と来た方・・・あなたは相当なマニアですね(笑) そうです、最終特別限定車がVパケ。専用フロントシート生地、MD・CDチューナ、プライバシーガラス、HIDヘッドライトなどが車両価格据え置きで標準装備になったモデルですね。豪華装備が自慢です(^^) 🙂

SR20DET型エンジン(1998cc 4気筒DOHC 16バルブ・ターボ)は最高出力250PS/6400rpm 、最大トルク28.0kg・m/4800rpmを発揮。その暴力的なエンジンパワーをアイシン製の6速マニュアルトランスミッションでリヤタイヤから路面にガンガン伝えます。

さて、フロントバンパー・サイド・リヤバンパー・トランクスポイラーと純正フルエアロで武装したYNさんのシルビア。BLITZ製エアクリーナ、社外マフラー、GReddy製のブーストコントローラーで吸排気系をライトチューン。CST ZERO-1 車高調整サスと17インチタイヤでバッチリ決まってます!

撮影時はスタッドレス仕様でしたが、ほんとはENKEI製17インチを履いているそうですよ(^^)/

実は・・・YNさんは元 スイスポ乗りでした(^^)ちょっと訳ありですが、以前から乗ってみたかったシルビアにチェンジ! 『めちゃめちゃ速い!!』と本人もニヤニヤが止まらないみたい。

希少なクルマになってきたので、くれぐれも安全運転でお願いしますよぉm(_ _)m

カテゴリ
前ページ 次ページ