0120-34-1124

俺たちの愛車自慢194

2020年04月03日

今回は、自動車工業科2年生のT 君(新潟県央工業高校出身)の愛車 平成22年式 ホンダ ゼスト スパーク(JE1)を紹介します。

ホンダの軽自動車ライフの派生車種『ザッツ』の後継車として登場したゼスト。4代目ライフと共通のプラットホームを使用し、高い室内高と荷物の積みやすさを実現しているので、日常の使いやすさがバツグンです。また、ドアガラスの下のラインを階段状にすることでダイナミックな印象を与えています。

さて、T 君のゼストはお兄さんからフルノーマルの状態で譲り受けたもの。『すべて自力でヤル!』を信条に・・・時には仲間に手伝ってもらいながらコツコツ今のスタイルに仕上げてきました(^^)/

先ずは外装から。Butterfly System(バタフライ システム)のフロントグリルが視界に飛び込んできます。メーカーの違うアイラインガーニッシュや純正フルエアロとも違和感なくバッチリ組み合わせてありますね。足回りはWORK VS KFに165/50R-15のブリヂストン POTENZA RE-71Rをチョイス。ファイナルコネクションの車高調整式サスキットがロー&ワイドに演出しています。吸排気系はZERO1000のエアクリーナ&HKS サイレントハイパワー マフラーでジェントルなサウンドに(^^)/

室内はダークウィンドフィルムや本革製のシートカバー、ブラック調のインパネパネルでVIP系の香りが・・・(笑)本革製シートカバーは結構イイ値段だったとか。。。そして、ドアにはデッドニング処理も施してあり、ドアを閉める時の音が軽自動車らしくない『シュパッ!』という気持ちの良い音に(^^)/

T 君の愛情が注ぎ込まれたこのゼスト スパークをこれからも大切にしてくださいね!!

カテゴリ

俺たちの愛車自慢193

2020年03月20日

今回は、自動車工業科2年生のK 君(加茂農林高校出身)の愛車 平成15年式 ホンダ アコード ユーロR(CL7)を紹介します。

初代アコードは、シビックから上位車種への代替え層向けに、1976年に登場。低燃費・低公害を目的に開発された1600cc CVCCエンジンを搭載した3ドアハッチバック スタイルでした。その後、ホンダとしては久しぶりの4ドアサルーン(セダン)も追加されています。

そして、3代目アコードは、リトラクタブルヘッドライトを採用。セダン・クーペ・エアロデッキなど様々なボディバリエーションも魅力(^^)/  特にクーペはアメリカ工場から左ハンドルのまま輸入され、『史上初となる国外で生産された日本車の輸入販売』として話題になりました。

さて、K 君のアコードは7代目モデル。その中でも最もホットなユーロRです。搭載されるエンジンは・・・名機K20A型(4気筒 2000cc DODC i-VTEC)で最高出力220ps/8000rpm、最大トルク21.0kgf・m/6000rpmを発生。インテグラ タイプR(DC5)に搭載されているものと比較し、バランサ―シャフトが装備されているので、街乗りも快適(^^)/ まさに・・・大人のためのスポーツエンジンって感じですね! レッドゾーン手前の8400rpmでシフトアップしていくと、クロス化されたギヤ比によりVTECの高速側カム領域をキープした走行が可能。自然吸気エンジンとは思えない暴力的な加速フィーリングです! そうそう、K 君はわざわざ埼玉県まで足を運んでこの車両を購入(^^)/ それもそのはず・・・何と!走行距離わずか『15,000km!』激グッドコンディション!! ボディもエンジンルームもトゥルットゥル(笑)今はバルブ類をLED化して楽しんでいるそうです。超!希少車両なのでこれからも大事に乗ってくださいね(^^)/

カテゴリ
前ページ 次ページ