0120-34-1124

俺たちの愛車自慢147

2018年06月08日

今回は、専攻科(1級自動車整備士養成課程)2年生のOY 君(第一学院高校出身)(右側)の愛車 平成16年式 トヨタ アルテッツァAS(GXE10)を紹介します。左側はGR 君(東京学館新潟校出身)と中央はMK 君(新潟工業高校出身)です。

 

自動車工業科のときは、ニッサン マーチ(AK12)で通学していたOY 君。(俺たちの愛車自慢91で紹介)1級自動車整備士資格の取得をココロに誓い・・・只今、専攻科でバリバリ勉強しています(^^)/

んっ、意外にも・・・アルテッツァは俺たちの愛車自慢初登場。 🙂 

コンパクトボディのFRレイアウト・セダンがコンセプトで、兄弟車であるレクサスISは、メルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズの対抗車でした。その廉価版(失礼!)がアルテッツァ(^^)

搭載されるエンジンは、RSグレード系の3S-GE型(1998cc 4気筒)とASグレード系の1G-FE型(1988cc 6気筒)の2種類。そうそうワゴンモデルのジータには2JZ-GE型(2997cc 6気筒)もありましたね。

で、OY 君がチョイスしたのは・・・1G-FE型。 1988cc 直列6気筒 DOHCで最高出力160PS/6200rpm 、最大トルク20.4kg・m/4400rpmと中速域を重視した実用的なエンジンなので、乗りやすさ抜群なんです。あっ!決してストレスフルなエンジンではなく、その気になれば、6速マニュアルトランスミッションを駆使して、時計のクロノグラフをイメージしたメーターパネル内のタコメーターの針が6250rpmから始まるレッドゾーンに向けて、一気に跳ね上がります(^^)/

現在は、APEXi製のマフラーとTRUSTのエアクリーナ―で吸排気系のチューニングをしているOY 君。今後の予定を聞いてみると・・・『一度、オリジナルの状態に戻してアルテッツァ本来の乗り味を確認してから、チューニングの方向性を決めたい!』とのこと。ムムッ!さすが専攻科の学生ですね(^^) 🙂

カテゴリ

大きさは1/10でも楽しさ100倍!!

2018年06月06日

今年もやってきました!  えっ!? 😯 何が??

そうです(^^)/ RCカーレースのシーズンがやってきました(笑)

RCカーのレースは、実際のスーパーGT等のレースと同様に・・・

受付 → 車検 → フリー走行 → 開会式 → 予選1ヒート → 予選2ヒート → 決勝レースへとスケジュール進行するのでとてもリアルです (^^)/

また、実際のクルマと同じように、当日の気温やコースレイアウトに合わせて、タイヤやマシンをチューニングします。特に、アライメントや車高の調整を行うと、マシンの性格がガラリと変わるんですよ。 😯

それに・・・マシンの性能差が大きくならないように、各カテゴリーで厳しいレギュレーションが決められているので、まさに『 腕1本 』勝負!! 毎回、手に汗握る『 ガチンコ バトル! 』が展開されます。大きさは、1/10でも楽しさ100倍!!  🙂 是非、みなさんも一緒に楽しみましょう!!

 

さてさて、今回は6月3日(日)クロスランドおやべ(富山県小矢部市)で開催された『 タミヤチャレンジカップ北陸大会 』に参加しました・・・・(汗)

んっ!? 実は、『 TEAM 新潟工業短期大学 with KONDO Racing 』のメンバーのうち、在学生はスケジュールが合わず不参加に。 しかし、Zoom Zoomのディーラーで活躍中のOB N君が頑張ってきました (^^)/

以前、コンデレにも選出された経験のあるN君。今回はレクサスSCのボディで参戦。地味~に、コンデレを狙っていたようですが、今回は・・・残念(泣) 気を取り直して、レースに集中しましょう。

『 タミチャレZERO 』クラスにエントリーしたN君。今回はコンデンサー&ブースターを装着して準備万端! 予選1ヒート目は前列スタートの11番手。そしてAメイン出場をかけた予選2ヒート目は後列スタートの13番手! 結局、決勝はBメイン5番グリッドからのスタートとなりました(^^)/

さて、緊張の決勝スタート(ドキドキ) 昨年、Bメインで優勝したシーンが脳裏によぎったのか・・・ガチガチの状態でスタート!!激しいバトルを終えて、結果は3位(^^) ← おめでとう(^^)/

また近いうちに、『 TEAM 新潟工業短期大学 with KONDO Racing 』メンバーみんなで参加して、RCカーレースをエンジョイしましょう!!

カテゴリ
前ページ 次ページ