0120-34-1124

NGKスパークプラグ講習会

2018年06月29日

6月28日(木)自動車工業科2年生(自動車技術コース)を対象に『NGKスパークプラグ講習会』を開催しました。NGKでお馴染みの日本特殊陶業株式会社 自動車営業部 市販技術サービス部 鈴木徹志 様、田中雄也 様を講師にお迎えし、『もっと知りたい!スパークプラグのこと!!』と題して解説していただきました。スパークプラグの基礎知識、スパークプラグの不具合事例、レーシングプラグやレース活動のことまで内容盛りだくさん!

まず最初は、基礎知識編として、『スパークプラグの構造・品番の見方』『熱価や焼け具合』を学びました。解説中に、真っ二つにカットされたスパークプラグが回覧され・・・『おおっ!初めて見た!! 😯 』など学生たちもビックリ(^^)/ 確かにスパークプラグをカットしたことはないですよね(笑)

それから、スパークプラグの不具合事例として、『良好な状態』『くすぶり』『かぶり』『溶損』『金具ねじキレ』などの現物をチェックしながら解説していただきました。学生たちは『教科書の写真で見たことがあるけど、初めて見た!』と。。。えっ!?そんなことはないと思うけど・・・(汗) 😥

その他、適切な交換サイクルや交換・脱着時の注意点、トルク管理の大切さなど、自動車整備の現場で役に立つ技術を学ぶことができました。

最後に、NGKが取り組むレース活動や、レーシングプラグについて『マル秘』のお話しも聞くことができ、大満足な講習会となりました。

カテゴリ

TOM’S講演会~整備士からレースエンジニアになって ~

2018年06月25日

6月19日(火)自動車工業科1年生を対象に『 TOM’S講演会 』を開催しました。

『 TOM’S(トムス) 』は、大人気ツーリングカーレース『 SUPER GT(GT) 』や日本最高峰フォーミュラーレース『 SUPER FORMULA(SF) 』を中心に参戦中!!

今回は、GT500 36号車 LEXUS TEAM au TOM’S(中嶋一貴 / 関口雄飛)やSF 36号車 VANTELIN TEAM TOM’S(ジェームス・ロシター)の担当エンジニアである東條 力 さんに講演していただきました。

今回の講演テーマは『 整備士からレースエンジニアになって 』です。

んっ!? と言うことは・・・そうです!東條さんは、トヨタ系ディーラーの自動車整備士出身(もちろんトヨタ検定1級)のエンジニアなんです。みなさんは、レース エンジニアの仕事って知っていますか?簡単に説明すると・・・エンジンはもちろん、タイヤや空力等の車両セットアップ、そしてレースに勝つための戦略を『決める!』仕事。まさに勝負のカギを握る責任重大なポジションなんです。特にGTでは、異なる2つのクラスが混走するレースなので、刻々と変化する状況を的確に判断することが大事。時には・・・予定より早くピットインさせたり・・・状況に応じたレースメイキングを仕掛けていくこともあるそうです。 講演会では、整備士を目指すキッカケや、レースエンジニアになった経緯、わたしたちが知らないレースのウラ事情などタップリ『 マル秘 』話しを聞くことができました!

また、講演会後の質疑応答では、『 段取りが大事とのことですが、具体的に教えてください。 』との質問に、『 例えば・・・サーキットの風向きひとつでセッティングは大きく違ってくる。向かい風と追い風ではストレートのトップスピードが異なって、当然ギヤ比も合わなくなる。状況に合わせた交換が必要になってくる。 』とのことです。

また、『 レースの無い日は何をやっているのですか? 』との質問に、レース後の車両メンテナンスのスケジュールやアライメント測定の方法などについてもコッソリ(笑)教えてもらいました。

最後に東條さんから熱いメッセージ。『 夢を持ち続けること! 』そして『 今やるべきことを、今やること! 』が大事。東條さんが自動車整備専門学校時代に頑張って作成した実習レポートも、今の仕事に大変役立っているそうです。・・・学生のみなさん、わかったかな?

東條さんは最後に、世界70億人の人々をワクワクさせるように頑張ります!と約束してくれました(^^)/

カテゴリ
次ページ