0120-34-1124

ガス溶接技能講習

2017年09月15日

9月14日(木)~15日(金)の2日間、自動車工業科1年生を対象に『ガス溶接技能講習』を開催しました。

意外に思うかもしれませんが・・・自動車の整備には、アセチレンなどの可燃性ガスと酸素を用いた『溶接・切断・加熱』作業を行う場合があります。例えば、サビが発生して『ガッチガチ!』に固着したボルトを溶接装置で加熱して緩めたり、サビで穴が空き、『ボボボッーーー!』っと排気漏れが発生しているマフラーを溶接で修理することもあります。また、不要な部品は溶接装置を使用して『スパッ!』と切断しちゃうことも。

さらに、ベテラン整備士になると・・・『こんな工具があったら良いなぁ~』なんて思ったら、ササッ!と溶接装置を使用して『オリジナルツール』が完成!!(笑) 🙂

こんな便利なガス溶接装置ですが、取扱いを間違えると、爆発や火災 😯 の原因になりとても危険なのです。

だから、『ガス溶接技能講習』の受講が必要なんですね。 🙂

1日目は講義が中心。内容は・・・『アセチレン及び酸素の知識』『圧力調整器の構造・取扱い』『関係法令』などなど。

2日目は実技が中心。切断用の吹管を使用して標準炎の調整、鋼板(厚さ6ミリ)を切断、圧力調整器の脱着作業などを行います。作業が始まると、みんな真剣な表情に。最初はドキドキ緊張していた学生たちも『シューーーー!』という音とともに順調に作業を進め、無事に切断することがきると・・・『ヨシッ!』と満足そうなイイ顔(^^)/』をしていました。 🙂

カテゴリ

中古自動車査定士 講習会

2017年06月22日

6月3日(土)・10日(土)・14(水)の3日間、自動車工業科2年生は中古自動車査定士の講習会を実施しました。

日本の自動車保有台数は、8000万台を超え、年間1200万件以上の販売や買取り、下取りが行われているそうです。中古自動車は、同じ年式や車種でも使用条件や管理状態などによりそれぞれ状態が違い評価(査定)に差が出ます。自動車は高額な商品であり、お客様の大切な財産ですから、正しく評価(査定)することが大切ですよね。

そこで、評価(査定)を適正に行うため『中古自動車査定制度』によりルールが定められ、下取り価格や買取り価格を決定する際は『査定士の資格』が必要になります。

 

今回、自動車工業科2年生は、6月18日(日)の小型車査定士試験に向けて、講習会を実施。

全員合格目指して・・・頑張れ! 🙂

 

新潟工業短期大学では、中古自動車査定士のほか、損害保険募集人、低圧電気取扱特別教育、ガス溶接技能講習、フォークリフト運転技能講習、小型車両系建設機械(整地等)運転特別教育などなど、あなたのスキルアップをサポートしています。

カテゴリ
前ページ 次ページ