0120-34-1124

本学専攻科の学生が季節前安心点検を実施しました

2020年12月07日

ガクガク!ブルブル!  ・・・随分と寒くなりましたね。

ウィンターシーズン前のこの時期、スタッドレスタイヤへの交換やバッテリーチェックなど、愛車のメンテナンスが欠かせません(^^)/

そこで、専攻科2年生は、1130日(月)~129日(水)までの期間、教職員の自家用車を対象に『季節前安心点検』を実施中!

これは、口述試験に向け、『 受付 → 問診 → 点検整備作業 → 整備内容説明 』のスキルを身に付けるために毎年実施しているものです。

作業内容は・・・エンジンオイルの量や汚れ、バッテリのテスター診断、タイヤの空気圧等の各点検整備はもちろんですが、『スタッドレスタイヤ』への付け替え、新型コロナの感染拡大が収まらない中、車室内を除菌消臭する『クレペリン除菌・消臭』ガラスの凍結防止効果も期待できる『フロントウィンドウ撥水処理』凍結防止剤による塩害から愛車を守る『下回り防錆処理』などプラスアルファの作業も実施。もちろん、入庫管理(事前予約の勧誘)も学生たちで行います(^^)/

1級自動車整備士の国家試験(学科)には筆記試験の他に口述試験もあり、客様役の試験員と問診や整備内容説明についてロープレ形式で実施するので、そのトレーニングにもなりますね!

専攻科の学生たちは、作業後の整備内容説明の際、丁寧にきめ細かく、そして的確なアドバイスを行うなど『プロの自動車整備士!』へグングン近づいています!!将来が楽しみです(^^)/

カテゴリ

専攻科の学生によるインターンシップ報告会

2020年08月31日

831日(月)専攻科(1級自動車整備士養成課程)2年生のインターンシップ報告会を開催しました。

 

専攻科2年生は7月上旬~8月中旬まで、就職内定先自動車ディーラーを中心にインターンシップ(企業実習)を行いました。実際の現場を体験することで、これまでの学習成果を確認し、今後の取り組み課題を学んできました。

 

報告会はインターンシップの内容や事前準備で役立ったこと事前準備で不足と感じたことインターンシップで学んだことこれから必要とするスキルなどについて、スライドを使用して報告しました。

 

事前準備で役立った実習として、『教職員の自家用車を点検したこと』『1年点検などの点検項目や作業手順』『タイヤの組み換え・バランス調整』などがあげられました。使用過程車を点検整備する経験がインターンシップでとても役に立ったようです。

また、インターンシップで学んだことは『分からないことは確認する』『整備内容の確認』『安全作業の重要性』『取扱いの多い車種の基本データ(オイル量など)はしっかり覚える』『ハイブリッド車の基本的な取り扱いを確認しておく』などが報告されました。

参加した学生や教職員から活発な質問もあり、有意義な報告会になりました。最後に佐藤学長より総評があり、『激励の言葉!』が贈られました。

専攻科2年生の皆さん、お疲れ様でした! これから国家試験合格に向けて頑張ってください(^^)/

カテゴリ
次ページ
専攻科の詳しい情報はコチラをご覧下さい