0120-34-1124

公開講座『明日へのテクノロジーセミナー』

2019年11月18日

11月16日(土)新潟工業短期大学公開講座『明日へのテクノロジーセミナー』を開催しました。

地球温暖化問題の緩和を目的に、二酸化炭素の排出が少ない社会を構築することが世界的な課題となっています。その取り組みのひとつとして『燃料電池』の利用があります。今年4月、新潟市中央区に『イワタニ水素ステーション 新潟中央』が開所し、いよいよ新潟でも水素社会実現に向けて動き出しました。

そこで、今回のセミナーの総合テーマはズバリ『燃料電池』。水素を利用する自動車や社会がこれからどのように発展するのか?お二人の講師にご講演いただきました。

セミナー1では、守谷隆史 氏(株式会社 本田技術研究所第5技術開発室 上席研究員)より、『CLARITY FUEL CELLの魅力と水素社会』と題し、ホンダが開発したFCV(燃料電池自動車)CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)の開発概要、その魅力について説明していただきました。また、燃料電池自動車の開発をはじめ、日本が最も積極的に水素社会への取り組みを打ち出していますが、世界的な動きについても概説していただきました。

続くセミナー2では、覚張昌一 氏(新潟県産業労働部産業振興課 新エネルギー資源開発室長)より、『本県における水素エネルギー利活用に向けた取組』と題し、水素エネルギーを巡る日本の動向や世界情勢、また新潟県の取り組みについて紹介していただきました。新潟県は、燃料電池自動車のホンダ クラリティ フューエル セルを率先導入するなど、水素エネルギーの利活用について積極的に検討を進めています。

また、今回のセミナー開始前に、燃料電池自動車『ホンダ クラリティ フューエル セル』の試乗会も開催され、本学学生も試乗会に参加するなど、これからの水素社会を考える良い機会となりました。

カテゴリ

俺たちの愛車自慢185

2019年11月15日

今回は、自動車工業科2年生のF 君(新潟県央工業高校出身)の愛車 平成28年式 ヤマハ YZF-R3(RH07J)を紹介します。

 

2015年に発売されたヤマハ YZF-R3。前年に登場したヤマハ YZF-R25(250cc)の排気量拡大版としてデビュー。スタイリングはR25と同一で、搭載されるH402型エンジンの排気量が320ccになっています。水冷並列 2気筒 4バルブDOHC エンジンは、最高出力42PS/10750rpm 、最大トルク3.0kg・m/9000rpmを発生。(YZF-R25は、最高出力36PS/12000rpm 、最大トルク2.3kg・m/10000rpm)

 

F 君は赤色アルマイト加工のグリップやレバー、RAYSAVE製ミラー、SP忠男製マフラーに交換。マッドグレーメタリックのボディカラーと良く似合っています。

 

ハイハイ!では、皆さんも聞きたがっている・・・あの質問をしてみますか!?『何故、YZF-R25ではなく、YZF-R3を購入したのですか?』F 君の答えは『周りの友達が、ホンダCB400ホンダ シャドウ400など400ccのバイクが多かったので・・・ちょっと背伸びをしてR3を購入しました』(^^)/

なるほど!(笑)

では、R3を選択して良かった点は何かと質問すると・・・①低中速のトルクが強いこと ②信号待ちなどでR25とならんだ時に『優越感』に浸れること(笑)だそうです。

コラコラ R25オーナーに怒られちゃいますよ~(^^)/

カテゴリ
次ページ