0120-34-1124

俺たちの愛車自慢187

2019年12月20日

今回は、自動車工業科2年生 のN 君(佐渡高校出身)の愛車 平成21年式 スバル レガシィ ツーリングワゴン(BR9)を紹介します。

 

『乗員に豊かな時間を提供すること』が開発の狙いである5代目レガシィ。北米市場からの要望に応えボディサイズを大きくして、ゆとりある室内空間を実現したモデル。スバル伝統と言うか・・・レオーネ時代から継続採用されていたサッシュレスドアが通常の窓枠付ドアに変更、さらにDピラーのブラックアウトが廃止されボディ同色になるなど、思い切った変革を成し遂げたモデルでもあります。

さて、N 君のモデルは、2.5GT Sパッケージ! 搭載されるEJ25型エンジンは、水平対向4気筒DOHC16バルブ ツインスクロール ターボにより、最高出力285ps/6000rpm、最大トルク35.7kg・m/2000~5600rpmの強力なパワーを発生。さらに、エンジンの出力特性が変化するSI-DRIVEも装備。市街地走行に適したI(インテリジェント)モード高速走行に適したS(スポーツ)モード、そしてワインディングロードに適したS#(スポーツ・シャープ)モード選択可能です!

N 君は、WORK エモーション M8Rと225/45-18のブリヂストン POTENZA RE050の組み合わせで足元をキリリと引き締め、純正フルエアロと合わせて精悍なスタイリングに(^^)/ 室内は、マッキントッシュのオーディオと本革シート、さらにフリップダウンモニターでリッチな気分に浸れます(笑)

冬になると・・・音楽をガンガンかけて、上越&妙高方面や県外までスノーボードに行くそうです。N 君のお気に入りポイントは、『アクセルをクイッ!とひと踏みで異次元の加速感が味わえるのが良い!』とのことです。(←あっ、くれぐれも制限速度内での話ですよぉ~)スキー場近くでバレンティのLEDテール付きレガシィ ツーリングワゴンを見かけたら、N 君かもしれませんネ(^^)/

カテゴリ

ディーラー整備士の魅力

2019年12月13日

12月11日(水)自動車工業科1年生を対象に、キャリア形成プログラムの一環としてOB講演会を開催しました。

新潟工業短期大学は1968年に開学した伝統ある教育機関 (^^)/ これまでの卒業生は9,000名を超え、自動車業界はもちろん、各分野でご活躍されています。

さて、就職ガイダンスがスタートし、本格的な就活シーズン突入の1年生。社会人として自分を生かし輝くためには、在学中からキャリアについて考え、その実現に向けて準備することが大切です。先輩たちのキャリアについて見聞きすることは、とても参考になります (^^)/

今回は、『 ディーラーメカニックの魅力 』と題して、日産プリンス新潟販売株式会社より、総務部 課長 渡辺雅樹 様、そして営業支援部サービス担当 川内健 様(本学OB)に講演していただきました。

さて、先ず渡辺 様より、自動車メーカーと自動車ディーラーの違いや、GT-Rの整備が許されるメーカー独自の資格など紹介していただいた後、続いて川内 様より、自動車ディーラーの仕事を経験して感じたことなど講演していただきました。

川内 様はもともと、機械をさわるのが大好きで、実習で覚えたことをアパートの前で当時の愛車『 スズキ RF400 』でトライするのが楽しみだったとか。日常点検をしたり、グリスアップをしたり、ブレーキパッドを交換したり・・・今思えば大した作業ではないですが、少しずつ整備の幅が広がっていくことがとても楽しかった!と学生時代の思い出を語っていただきました。

そして『 取扱い車種に詳しくなれる! 』『 新技術に対応するためのサポートが充実している! 』『 メーカー独自の資格があり、モチベーションがあがる! 』などなど、ご自身の経験をもとにディーラー整備士の特徴について紹介していただきました。

そして、在学中に行っておくと良いものは、『 部品の名称や取り付け状態、作動などを理解すること! 』そして『 授業で習った部品は、自分のクルマでも確認しておくこと! 』最後に『 友達と仲良くすること! 』とOBとしてアドバイスしていただきました。

最後にまとめとして、渡辺 様より、『 自分が将来・・・10年後・・・20年後どのようになっていたいかを頭の中に思い浮かべることが大切!! 』と学生たちにエールを送っていました。

 

渡辺 様、そしてOB川内 様、お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。

カテゴリ
前ページ 次ページ