0120-34-1124
工短スタッフより

専攻科の学生が学内点検を行いました!

2020年06月30日

専攻科(1級自動車整備士養成課程)2年生は、78日(火)から就職内定先企業を中心に、約6週間(200時間以上)のインターンシップ研修がスタートします。

そこで、615日(月)~72日(木)までの期間、整備技術やお客様対応のスキルアップのため、教職員の自家用車を対象に1年定期点検整備を行っています。

トレーニングの内容は、点検入庫管理(事前予約の勧誘)、当日のお預かり、法定1年定期点検整備、日常点検整備、エンジンオイル交換、フロントガラス撥水加工、洗車、室内清掃、その他ご用命事項、記録簿の記入、納車・整備内容説明などなど盛りだくさん。

さらに、今年は新型コロナウイルスの流行が心配されているので・・・車室内を除菌する『車両用クレベリン』も施工します(^^)/

1級自動車整備士の国家試験には、『口述試験』もあり、お客様役の試験員と問診や整備内容説明をロープレイ形式で実施します。そのためのトレーニングにもなりますね!

日頃の実習車と違い、各部のボルトがサビのため緩めにくくなっているなど、使用過程車ならのではの作業に苦戦したり・・・これも『ひと皮』むけるための試練です(^^)/

 

専攻科2年生の皆さん、もうすぐ始まるインターンシップ!!元気に頑張ってきてください!

 

カテゴリ

西区社会福祉協議会 様より『マスク3000枚』が寄贈されました!

2020年06月12日

ありがとうございます(^^)/

西区社会福祉協議会 様より『マスク3000枚』が寄贈されました。

 

社会福祉協議会とは、『地域福祉の推進を図ることを目的とする団体である。』と位置づけられ、住民の皆さんとともに、地域の福祉問題について考え、協力して、誰もが安心して暮らすことのできる『福祉のまちづくり』を目指す営利を目的としない民間の団体です。

 

今年度は、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、授業を延期して対応してきましたが、緊急事態宣言の解除や各種ガイドラインに基づき5/18(月)から授業をスタートしています。学生の入校時検温・体調チェック・マスクの着用や、校内各所に消毒液を配置、教室の身体的距離を確保した座席配置変更、また、実習では、ゴム手袋・ゴーグル・高機能マスクを配布し、実習装置の消毒を実施。本学保健室の指導のもとで徹底した感染拡大防止対策を実施しています。

 

今回、西区社会福祉協議会 様から寄贈されたマスクも有効に活用させていただき、さらなる感染拡大防止対策に努めていきます。

カテゴリ
次ページ