0120-34-1124
工短スタッフより

梅本まどか さん 講演会

2019年10月07日

10月2日(水)GO&FUN Japan株式会社 様、SKYグループ モトーレンニイガタ株式会社 様のご協力で、『 梅本まどか さん講演会 』を開催しました。

梅本まどか さんはSKE48卒業生で、現在は地元名古屋を拠点にタレントとしてマルチに活躍中。そして、月刊オートバイやWebオートバイなどでコラムや連載記事を執筆しています。何と!大型二輪免許を取得済みなんですよ(^^)/ スゴイ! そして、2018年TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジに、クスコジュニアラリーチームから参戦。本学オープンキャンパスでお馴染みのクロエリ選手とコンビを組んで8戦中6勝をあげてシリーズ チャンピオンをGET。さらに、2019年はWELLPINE MOTORSPORTからJAF 全日本ラリー選手権 JN6クラス、JAF東日本ラリー選手権BC4クラスに参戦。イベントMC等も含めてクルマやバイク業界で大活躍中です(^^)/

そうそう、2018年からWRCラリージャパン招致応援団として活動し・・・ついに!10年ぶり7度目のWRC(世界ラリー選手権)開催が決定しました。(Rally Japan 2020年11月19日~22日 愛知県・岐阜県にて開催予定)ヤッター!!

その大活躍中の梅本まどか さんが、今回は『梅本先生!』として新潟工業短期大学の学生たちを対象に講演していただきました。

 

さてさて、気になる講演の内容は、『ラリーとは?』『コドライバーの仕事や役割』『全日本ラリーでの体験』『ラリー メカニックの活躍』などなど、動画を交えながら学生たちへ紹介・解説していただきました。実際に全日本ラリーで使用したペースノートも、惜しげもなく学生たちへ回覧。。。これって、ホント贅沢ですよね(^^)/ もちろん、オートバイライフの楽しさも学生たちへ伝えていただきました。梅本先生のクルマ愛、そしてバイク愛がスゴク!伝わった講演になりましたよ~(^^)/

 

続いて、SKYグループ モトーレンニイガタ株式会社より、会社概要と本日の展示車(アストンマーティン ヴァンテージとポルシェ911)の紹介がありました。

では、展示車両見学へ移動しましょうか・・・・んっ!?その前に・・・

 

ハイハイ!お楽しみ抽選会の開催です(^^)/

梅本先生のサイン色紙愛車CB400SFのプラモデルジャガーやBMW、MINIのオリジナルグッズ(モトーレンニイガタ株式会社様提供)、そして、新潟工業短期大学の売店でも好評販売中のエナジードリンクGO&FUNなど豪華景品が盛りだくさん(^^)/

もちろん、梅本先生のサイン入りです。

当選したLucky!な学生のみなさん、おめでとうございました。ネットオークションに出展したりせず大切にしてくださいね(笑)

そして最後は、アストンマーティン ヴァンテージとポルシェ911のドライバーズシートに座ったり、エンジンルームを覗いたり・・・写真を撮ったり・・・非日常を体験できた大満足な1日となりました。

梅本先生!GO&FUN Japan株式会社様!モトーレンニイガタ株式会社様!どうもありがとうございました。

カテゴリ

ガス溶接技能講習を開催!

2019年09月11日

9月10日(火)~11日(水)の2日間、自動車工業科1年生を対象に『ガス溶接技能講習』を開催しました。

 

自動車整備士を養成する学校なのに、何故!?ガス溶接の講習をするの??と思った方いませんか??意外に思うかもしれませんが、自動車の整備には、アセチレンなどの可燃性ガスと酸素を用いた金属の『溶接・切断・加熱』作業を行うことがあります。

例えば・・・サビが発生してガッチガチ!に固着したボルト&ナットを、溶接装置で加熱して取り外したり。。。サビでポッカリと穴があいて『ボボボッーーーー!』っと排気漏れが発生しているマフラーを溶接で修理することもあります。

さらに、ベテラン自動車整備士になると・・・『こんな工具があったら良いなぁ~』なんて思ったら、ササッ!と溶接装置を使用して『オリジナルツール』を自作(笑)

こんな便利なガス溶接装置ですが、作業方法を間違えると、爆発や火災の原因になり、とても危険!このような作業を行うには、『ガス溶接技能講習』の受講が必要なんですね。

さてさて、1日目は、『アセチレン及び酸素の知識』『圧力調整器の構造・取扱い』『関係法令』などの講義が中心。そして、2日目は、切断用の吹管を使用して、厚さ6ミリの鋼板を切断したり、圧力調整器の脱着作業などの実技が中心でした。切断作業が始まると、最初はドキドキ緊張していた学生たちも『シューーー!』という音とともに順調に作業を進め、無事に切断することができると『ヨシッ!』と満足そうなイイ顔(^^)/をしていました。

カテゴリ
次ページ