0120-34-1124
工短スタッフより

エンジンセミナー

2018年12月13日

12月12日(水)自動車工業科1年生を対象に、キャリア形成プログラムの一環で『エンジンセミナー』を開催しました。講師に、元 本田技研工業株式会社、そして前 新潟工業短期大学 教授の小宮 孝司 氏をお招きし、『意外と知らないエンジン雑学』と題して、Q&A形式で解説していただきました。

 

あっ!チョットだけ小宮先生の紹介をしますね! 小宮先生は、ホンダでエンジン開発に従事した後、新潟工業短期大学の教授として、エンジンの講義を担当されていました。つまり!『エンジンのスペシャリスト 小宮先生!』なんです(笑) 『自分が亡くなったときは、ハイブリッド車やEVの霊柩車には乗りたくない!』と言うほど、エンジンの付いている乗り物が大好きな小宮先生。。。

そんな、小宮先生にたっぷりと『エンジン愛』について語ってもらいましたよ~(^^)/

さて、気になる内容は・・・

・オイルレベルゲージのUPPERとLOWERレベル間はなぜ1リットルなのか?

・オイルは継ぎ足しか?交換か?

・坂道の燃費の良い走り方は?

・1シリンダ当たりの最適排気量は?

などなど、12項目について理論的に・・・ん!?おもしろおかしく!?解説していただきました。

例えば、『オイルレベルゲージのUPPERとLOWERレベル間はなぜ1リットルなのか?』については、

旋回時の液面変動においてもオイルストレーナからエアを吸い込まないオイル量がLOWERレベル。そしてクランクローカスに接触しないように液面クリアランスを確保した位置がUPPERレベルだそうです。エンジンの種類により違いはありますが、おおよそ0.7~1.0リットルとのこと。

なるほど!流石は小宮先生!!いつも何気なくオイルレベルゲージをチェックしていましたが、これでスッキリ解決しました(^^)/

講演会終了後は、Q&Aの正解率上位者の学生たちに、小宮先生から『ホンダオリジナルグッズ』のプレゼントがありました(^^)/

小宮先生、講演ありがとうございました。エンジン愛・・・伝わってきました(^^)/

 

カテゴリ

創立50周年記念行事

2018年11月17日

新潟工業短期大学 創立50周年記念行事

皆様のおかげをもちまして、新潟工業短期大学は本年、創立50周年を迎えることとなりました。日頃より、本学の教育研究活動に格別のご高配、ご支援の賜と厚くお礼申し上げます。

さて、11月10日(土)新潟工業短期大学 創立50周年記念行事をアートホテル新潟駅前にて開催いたしました。

記念式典では、学校法人新潟科学技術学園 寺田理事長、新潟工業短期大学 長谷川学長が感謝の意と今後の更なる発展を誓いました。

記念講演会(明日へのテクノロジーセミナー)は、早稲田大学 研究院 次世代自動車研究機構 特任研究教授(名誉教授) 大聖泰弘 氏をお迎えし、『自動車用エンジンの高効率化の可能性と到達点』と題して講演していただきました。自動車関連産業はわが国の基幹産業として発展し、その動力システムの主流はガソリンエンジンとディーゼルエンジンです。地球規模の環境保全に対応した排気浄化と燃費向上についてもエンジンシステム技術が進化しています。今後の電動化技術の中心となるハイブリッドシステムにおいてもエンジンの高効率化は燃費向上に大きく貢献します。現在のエンジン技術の歩みを振り返り、エンジン技術の将来性について講演していただきました。

その後の祝賀会では、御来賓の方をはじめ、卒業生のみなさん、歴代の学長先生や教職員等多くの参加者で今日までの歴史を振り返り、想い出を語り合い、和やかなムードで終えることができました。

 

新潟工業短期大学はこれからも社会に貢献できるよう全力で取り組んでいきます。ご期待ください。

カテゴリ
前ページ 次ページ